審査に落ちる理由

住宅ローン、マイカーローン、教育ローンのように利用用途がきまっているローン商品がありますが、カードローンは利用用途もフリーですし、担保、保証人が必要とならない金融商品です。銀行系、信販系、消費者金融系と各社がそれぞれにカードローンを発行しております。

 

無担保、無保証人といっても、誰でも借りられる訳ではありません。カードを発行するには審査があります。仮審査、本審査がありますが、それぞれの審査には項目、基準があります。

 

審査で落ちる理由は様々ですが、安定した収入が無いのが一番の理由になります。収入のための所得証明、源泉徴収を出さず嘘の記載も同様です。また、住宅ローン、マイカーローンなどのローン以外に他社のカードローンにも借り入れがあったりと嘘を記載するのはNGです。

 

仮審査、本審査がありますが、仮審査では、書類に記載した事項が基準を満たしているかです。住居形態、勤続年数、住所などをコンピューターがチェックします。本審査では審査する人間が確認します。実際に会社に在籍確認をしたり、信用情報の確認も行います。審査内容、基準はカードローン発行会社により異なりますが、話し方、身なりなどをチェックしたり、誤字脱字などをチェックしたりする会社もあります。

 

申し込み内容のミスによって審査落ちとなる可能性もありますので、審査を受ける際には慎重によく確認をして進めるようにしたいものです。もちろんこのあたりはおまとめローンで受ける審査にも言えることなので、大きな金額を借りる予定の際には特に注意をしてください。

 

おまとめローンは金利負担や利息の支払いを減らすのが大きな目的でもあり、まとまった金額を借りておまとめローンでキャッシングをまとめる際には様々な点に注意をしなければなりません。