銀行と銀行系の違い

銀行と銀行系のカードローンは言葉こそ似ていますが、実際の利用にあたっては大きな違いもあるため、しっかりと事前に知っておいた方が無難です。

 

まず銀行カードローンですが、こちらは銀行が直接サービスを提供している金融商品となります。大手の都市銀から地方銀行まで扱う金融機関は様々ですが、何れも銀行が顧客に提供する金融商品の1つであり、法律の適用も銀行のそれとなります。このことが借入限度額や金利にも影響しているので、銀行か銀行系のカードローンかの違いは実はかなり重要となってきます。

 

一方銀行系のカードローンは、銀行が出資している会社が提供するケースが多く見られます。その銀行のグループに属するいわゆるノンバンクが提供する金融商品がよく知られており、銀行系の消費者金融がその代表です。

 

ノンバンクの場合は、口座を開設することが出来ないため、専用のカードを作っての借入れが一般的な融資の利用方法です。銀行のカードローンの場合は、既に開設している口座を利用しての融資が可能です。融資や返済も所有しているキャッシュカードを利用して行うことができます。

 

銀行と銀行系のカードローンはこのように利用の仕方が異なっていたり、前述のように適用される法律が違うため借入限度額や金利なども差異が出てくる点を意識しておく必要があります。

 

銀行で借りるカードローンも、来店不要で最短即日審査となるオリックス銀行カードローン即日手続きが人気となりますので、審査を早くに回答がほしいと考える方には適しています。